科学衛星プロジェクト向けツール

update 20180329

本ページには、ISAS が科学衛星プロジェクト向けに開発しているツールを掲載しています。 本ページに掲載されたツールは ISAS の衛星プロジェクトにおいて自由に利用できます。 ダウンロードには必要なアカウントは各衛星プロジェクトに対し発行しますので、 各衛星プロジェクトを通じてご連絡ください。 今のところ、MMO/Sprint-A/Astro-H/はやぶさ2/ERG に対してアカウントが発行されています。リリースに関する一覧は こちら(ISAS内からのみ参照可) に掲載されています。

上記のうち、SIB2 (Spacecraft Information Base version 2) は、 Functional Model of Spacecraft に従って設計された衛星・搭載機器の設計情報を保持するデータベースです。 また、GSTOS (Generic Spacecraft Test and Operations Software) は、汎用の衛星運用試験 software であり、 概要や2013年2月時点での開発状況は宇宙科学情報解析シンポジウムの資料、 また、よりロングスパンで目指すべきところはGSTOS開発計画概要、 にまとめられています。 SIB2/GSTOS が目指す事項のうち、単体試験から一貫して同じソフトウェアによる試験のサポートについては、 ASTRO-H プロジェクト、はやぶさ2プロジェクトによって整備が進められ、特に、 コマンド発行・状態監視 software に関する部分は、本ページの最新版へ統合されています。

下記で (*) で示す文書は、ツールの文書ではなく、インタフェース規定文書です。 簡便のため、関連が最も強いツールの箇所に掲載します。

1. Level-0 データベース (SIRIUS、データ分配・蓄積装置) 関連

1.1. SDTP ライブラリ (データ分配・蓄積及びSIRIUS用)

SDTPライブラリは、SDTP プロトコルでテレメトリデータを取得するためのライブラリです。
動作環境 - Unix (Solaris および Linux) と Windows で動作検証されています。

Latest Combination

ユーザマニュアル:
libsdtp-UsersManual-1.4-20160223.pdf (patch applied)
更新履歴:
libsdtp-1.0.7-History.txt (patch applied)
ソースコード (Windows):
libsdtp_win-1.0.4.tar.gz
ソースパッケージ (Solaris/Linux共通):
libsdtp-1.0.7.tar.gz (patch applied)

Record of Releases

Release 20120327
Release 20120424p
Release 20140331
Release 20160223p
Release 20161104p
Release 20170331p

1.2. 衛星時刻校正システム (含むライブラリ)

衛星時刻校正システムは、科学衛星に対する、テレメトリデータの時刻校正のための共通フレームワークです。時刻テレメトリ等から衛星時刻校正表を作成する処理と、衛星時刻校正表を使って各パケットの衛星時刻をUTCに変換する処理からなります。後者の処理を実現するのが衛星時刻校正ライブラリであり、利用者のプログラムに組み込まれ動作します。
動作環境 - Linux および Solaris 上のプログラムです。

Latest Combination

Document:
衛星時刻校正システムユーザマニュアル:
syssctimecal-UsersManual-2.3-20160223.pdf
衛星時刻校正システム設計書:
syssctimecal-Design-2.6-20160107.pdf
History:
更新履歴:
libsctimecal-3.1.2-History.txt
source:
衛星時刻校正ライブラリソースコード:
libsctimecal-3.1.2.tar.gz

Record of Releases

Release 20130311
Release 20130624p
Release 20131029
Release 20140331
Release 20140901p
Release 20141209p
Release 20150317
Release 20151023p
Release 20160223

1.3. データ分配蓄積ソフトウェア

データ分配蓄積ソフトウェアは、各種データをクライアント装置へ分配、または、ディスクへの蓄積等を行うソフトウェアです。
動作環境 - Solaris 及び Linux 上のプログラムです。

Latest Combination

Document:
データ分配/データ蓄積機能 インストール手順書:
dislog-InstallManual-1.6-20130228.pdf
システム構築・運用概説/既知インシデント対応手順書:
dislog-Specification-1.0-20130228.pdf

Record of Releases

Release 20130228

1.4. パケット時刻付け関数ライブラリ (obsolete)

パケット時刻付け関数ライブラリは、パケットの時刻付を行うライブラリです。
動作環境 - Linux 上のプログラムです。

Latest Combination

Document:
パケット時刻付け関数ライブラリ 利用マニュアル:
libtimset-UsersManual-1.3-20120309.pdf
時刻付け処理 機能解説書:
libtimset-Specification-1.5-20120418.pdf (patch applied)
Binary (Cent OS 5.5):
パケット時刻付け関数ライブラリ:
libtimset-1.1.0-0.i386.rpm
Source (Cent OS 5.5):
パケット時刻付け関数ライブラリ:
libtimset-1.1.0-0.src.rpm

Record of Releases

Release 20120309
Release 20120418p

2. SIB2関連

2.1. SIB2システム・SIB2Suite

SIB2システムは、衛星の試験環境・運用環境で衛星設計などGSTOSの設定情報を共有するシステムです。SIB2suiteはGSTOSにおいて使用されるSIB2定義を作成するソフトウェアと履歴構成管理ツールを含み、 SIB2システムを構築するためのソフトウェアパッケージであり、2.1.1 から 2.1.6 に示す SIB2関連のソフトウェアを含みます。
動作環境 - Windows 上のクライアントソフトと、Linux 上のサーバを構築するためのものです。

Latest Combination

SIB2システム & SIB2Suite 仕様書:
sib2sys-Specification-1.9-20131211.pdf
SIB2Suite ユーザーズマニュアル:
sib2suite-UsersManual-0.82-20151024.pdf (patch applied)
SIB2Suite 配布パッケージ:
sib2suite-0.83-20170421.zip
SIB2Suite 更新履歴:
sib2suite-0.83-20170421-History.txt

Record of Releases

Release 20130712
Release 20130725
Release 20130815
Release 20130822
Release 20130830
Release 20131115
Release 20140228
Release 20160115p
Release 20170421

2.1.1. SIB2作成ツール (SIB2UI)

SIB2作成ツール (SIB2UI) は、SIB2 のうち、機能の定義、情報 (テレコマのフォーマット) の定義 を入力するためのツールです。(SIB2Suite に同梱されています。)
動作環境 - Windows 上の Excel プログラムであり、JAVA の runtime を必要とします。SIB2 ビューアと合わせて使用することが推奨されます。

Latest Combination

SIB2XML スキーマ定義書 (*):
sib2xmlSchema-Definition-2.6-20160204.pdf (patch applied)
SIB2UI 設計仕様書:
sib2uiExcel-DesignSpecification-3.0-20170330.pdf (patch applied)
SIB2UI 入力サンプル (印刷・閲覧用):
sib2uiExcel-Sample-3.4-20170331.pdf (patch applied)
SIB2UI 入力サンプル (編集用):
sib2uiExcel-Sample-3.4-20170330.xls (patch applied)
SIB2UI 入力チュートリアル:
sib2uiExcel-Tutorial-1.4-20120411.pdf
SIB2UI ユーザーズマニュアル:
sib2uiExcel-UsersManual-1.3-20120411.pdf
SIB2UI 入力リファレンス:
sib2uiExcel-ReferenceManual-2.0-20170330.pdf (patch applied)
SIB2UI 更新履歴:
sib2uiExcel-3.4.0.1-20170414-History.txt (patch applied)
SIB2UI 配布パッケージ (Windows):
sib2uiExcel-3.4.0.1-20170414.zip (patch applied)
SIB2UI リリースノート:
sib2uiExcel-ReleaseNote-3.1.6.1-3.2.0.2.pdf (patch applied)

Record of Releases

Release 20120411
Release 20120613p
Release 20140909p
Release 20141212p
Release 20151211p
Release 20160204p
Release 20160329p
Release 20170330p
Release 20170331p
Release 20170414p

2.1.2. SIB2整合性チェックツール

SIB2整合性チェックツールは、SIB2XML の整合性をチェックするツールです。SIB2作成ツールやSIB2構成管理ツールに組み込まれていますが、単独で使用することもできます。(SIB2Suite に同梱されています。)
動作環境 - Windows のプログラムであり、JAVA Runtime Environment (>1.5) を必要とします。

Latest Combination

ユーザーズマニュアル:
sib2chk-UsersManual-2.4-20150917.pdf (patch applied)
設計仕様書:
sib2chk-DesignSpecification-2.7-20160325.pdf (patch applied)
更新履歴:
sib2chk-2.6.1-History.txt (patch applied)
配布パッケージ (Windows):
sib2chk-2.6.1-20160325.zip (patch applied)

Record of Releases

Release 20111128p
Release 20120316 (2012/7/5 掲載)
Release 20141206p
Release 20150817p
Release 20150917p
Release 20160325p
Release 20160329p

2.1.3. SIB2 ビューア (sib2viewer; 設計の可視化ツール)

SIB2 ビューア (sib2viewer; 設計の可視化ツール) は、SIB2 作成ツールの機能を強化するツールです。 入力の補完や候補の表示、定義元や参照先へのジャンプ、テレメトリ一覧・コマンド一覧を表示する機能が強化されます。(SIB2Suite に同梱されていますが、単独の配布の方が最新な場合があります。)
動作環境 - Windows 上のプログラムです。Microsoft .NET Framework 3.5 の runtime を必要とします(最近はデフォルトでインストールされています)。

Latest Combination

機能概要:
SIB2Viewer-Overview-1.1.0-20120327.pdf
ユーザズマニュアル:
SIB2Viewer-UsersManual-1.24-20161024.pdf (patch applied)
仕様書:
SIB2Viewer-Specification-1.22-20160325.pdf (patch applied)
配布パッケージ (Windows):
SIB2Viewer-1.3.0.1.20160324.zip (patch applied)
変更概要:
SIB2Viewer-Changes-20140331.pdf (patch applied)

Record of Releases

Release 20110623
Release 20120327
Release 20120420p
Release 20121120p
Release 20140331p
Release 20151214p
Release 20160325p
Release 20161024p

2.1.4. SIB2 メモリ管理表

SIB2 メモリ管理表は、SIB2 のうち、メモリの定義を入力するツールです。(SIB2Suite に同梱されていますが、単独の配布の方が最新な場合があります。)
動作環境 - Windows 上の Excel プログラムです。

Latest Combination

SIB2メモリ管理ファイル仕様書 (*):
sib2mem-FileSpecification-A-20130330.pdf
プログラム (説明を含む):
sib2mem-4.02-20140331.zip
更新履歴:
sib2mem-4.02-20140331-History.txt

Record of Releases

Release 20120330
Release 20130329
Release 20131113
Release 20140331

2.1.5. SIB2 テンプレート

SIB2 テンプレートは、ある機器の定義をもとに、その冗長系の定義を作成したり、複数の機器で共通な定義 (部分共通化) を規定し、一つの機器定義にマージするプログラムです。冗長系や、部分共通化の定義を規定する入力ファイルインタフェースと、定義に基づき SIB2UI の作成したファイルを変換ツールからなります。(SIB2Suite に同梱されていますが、単独の配布の方が最新な場合があります。)
動作環境 - JAVA の runtime (>1.6) を必要とします。入力インタフェースは、Windows 上の Excel プログラムであり、JAVA の runtime (>1.6) も必要とします。

Latest Combination

機能概要:
SIB2Template-Overview-20120913.pdf
ユーザズマニュアル:
SIB2Template-UsersManual-2-20130716.pdf
仕様書:
SIB2Template-Specification-2-20130716.pdf
配布パッケージ (Windows):
SIB2Template-0.2.1.201307161848.zip
変更概要:
SIB2Template-Changes-20140331.pdf

Record of Releases

Release 20130225
Release 20140331

2.1.6 SIB2 テレコマビュー変換ツール

SIB2 テレコマビュー変換ツールは、衛星システムや単体機器の機能を定義する観点で記述された XML ファイル (SIB2XML) を、 テレコマの観点で記述された XML ファイル (テレコマビューファイル) に変換するツールです。(SIB2Suite に同梱されています。)
動作環境 - Windows のプログラムであり、JAVA Runtime Environment (>1.5) を必要とします。

Latest Combination

SIB2 テレコマビューファイル仕様書 (*):
sib2tcv-FileSpecification-A-20170523.pdf (patch applied)
SIB2XML-SIB2 テレコマビューファイル変換定義 (*):
sib2tcv-ConversionSpecification-1.1draft-20120615.pdf (patch applied)
マニュアル:
sib2tcv-UsersManual-1.3-20120316.pdf
更新履歴:
sib2tcv-1.3.0.1-20170419-History.txt (patch applied)
配布パッケージ:
sib2tcv-1.3.0.1-20170419.zip (patch applied)
リリースノート:
sib2tcv-ReleaseNote-1.1.3.1-1.1.6.1.pdf

Record of Releases

Release 20120207
Release 20120329
Release 20120615p
Release 20121031p
Release 20160208p
Release 20170419p
Release 20170523p

2.1.7 SIB2XML 読み込みライブラリ

SIB2XMLReaderは、汎用衛星試験運用ソフトウェア(GSTOS)において、計画された衛星運用の手順、及び送信するコマンド(コマンド計画)を記述する「コマンド計画ファイル」の編集を支援するための専用エディタ(SIB2PlanEditor)用に開発したSIB2XML読み込み用のライブラリです。
動作環境 - Windows、CentOS、MacOSX上で動作するプログラムであり、JAVA Runtime Environment (>6) を必要とします。

Latest Combination

マニュアル:
sib2xmlreader-UsersManual-1.00-20160330.pdf
オンラインマニュアル:
sib2xmlreader-2.0.0-javadoc.zip
配布パッケージ:
sib2xmlreader-2.0.0.zip

Record of Releases

Release 20160330

2.2. SIB2 テレコマリスト出力ツール (SIB2TclGen)

SIB2テレコマリスト出力ツールは、SIB2 XML ファイルからテレコマリストを生成するツールです。
動作環境 - JAVA のプログラムであり runtime (>1.6) を必要とします。

Latest Combination

仕様書:
SIB2TclGen-DesignSpecification-1.01-20150325.pdf (patch applied)
ユーザズマニュアル:
SIB2TclGen-UsersManual-1.2-20160325.pdf (patch applied)
配布パッケージ (Windows):
SIB2TclGen-1.2.0.201602251910.zip (patch applied)

Record of Releases

Release 20140331
Release 20150325p
Release 20151214p
Release 20160225p
Release 20160325p

2.3. 搭載ソフトウェア自動生成ツール (SIB2Generator)

搭載ソフトウェア自動生成ツールは、SIB2 の定義に基づき、機能の駆動や応答に関するソフトウェアを自動生成するツールです。 自動生成の対象として、

が含まれています。
動作環境 - Eclipse のプラグインであり、Windows で動作検証されています。

Latest Combination

マニュアル:
SIB2Generator-UsersManual-2.23-20170324.pdf (patch applied)
設計仕様書:
SIB2Generator-DesignSpecification-1.30-20170330.pdf (patch applied)
配布パッケージ (Eclipse プラグイン):
SIB2Generator_2.3.0_20170330.zip (patch applied)

Record of Releases

Release 20120330
Release 20170324p
Release 20170330p

2.4. SIB2 システム (obsolete)

SIB2システムは、衛星の試験環境・運用環境で衛星設計など GSTOS の設定情報を共有するシステムです。(obsolete です。2.1. SIB2システム・SIB2Suite をご利用ください。)

Latest Combination

仕様書:
sib2sys-Specification-1.2-20120316.pdf
設計書:
sib2sys-Design-1.2-20120316.pdf

Record of Releases

Release 20120316

2.5. SIB2 構成管理ツール (obsolete)

SIB2 構成管理ツールは、SIB2 の構成を管理するツールです。 複数の excel ファイルから衛星システムの情報を集約すると共に、履歴を管理する機能を持っています。(obsolete です。2.1. SIB2システム・SIB2Suite をご利用ください。)
動作環境 - Windows のプログラムであり、SIB2テレコマビュー変換ツール, TortoiseHg, cwRsync, nkf, ssh を必要とします。

Latest Combination

マニュアル:
sib2mng-UsersManual-1.4-20120316.pdf (patch applied)
設計仕様書:
sib2mng-DesignSpecification-1.2-20120309.pdf (patch applied)
更新履歴:
sib2mng-1.2.1-History.txt
配布パッケージ (Windows):
sib2mng-1.2.1-20111228.zip

Record of Releases

Release 20111228
Release 20120316p

3. GSTOS関連

3.1. 試験手順エディタ (SIB2PlanEditor)

試験手順エディタは、コマンド発行ソフトウェアで実行するためのコマンド計画ファイルの編集のための専用エディタです。リアルタイムの文法チェックや、SIB2に基づくコマンド名の入力の支援やチェック、手順のアウトラインを表示する機能を有しています。
動作環境 - Eclipse のプラグインであり、Windows で動作検証されています。

Latest Combination

マニュアル:
SIB2PlanEditor-UsersManual-1.30-20161024.pdf (patch applied)
仕様書:
SIB2PlanEditor-Specification-1.26-20160325.pdf (patch applied)
配布パッケージ (Eclipse プラグイン):
SIB2PlanEditor-2.1.0.201603292043.zip (patch applied)
変更概要:
SIB2PlanEditor-Changes-20140331.pdf (patch applied)

Record of Releases

Release 20120521
Release 20130222
Release 20140331p
Release 20141114p
Release 20160128p
Release 20160225p
Release 20160325p
Release 20160329p
Release 20161024p

3.2. WFD 構築用入力用Excelシート

WFD 構築用入力用Excelシートは、テレメトリ監視ソフトウェアおよび状態監視装置の画面構成を定義するためのソフトウェアです。
動作環境 - Windows 上の Excel プログラムです。

Latest Combination

テレメトリキャラクタ表示形式定義ファイル文法書 (*):
WFD-FileSpecification-B-20170523.pdf (patch applied)
チュートリアル:
WFD_editor-4.0-20140313.pdf
配布ファイル (Excel ファイル):
WFD_editor-4.0-20140313.xls
更新履歴:
WFD_editor-4.0-20140313-History.txt

Record of Releases

Release 20110325p
Release 20120608p
Release 20120904p
Release 20131011p
Release 20140313
Release 20140905p
Release 20170523p

3.3. コマンド発行・状態監視 ソフトウェア

コマンド発行・状態監視 ソフトウェアは、コマンドを発行するためのソフトウェアであり、データ変換ソフトウェア、通信プロトコル処理ソフトウェアの機能も有しています。 Release 20120928 から状態監視の機能が付加されました。
動作環境 - Linux 上のプログラムです。

Latest Combination

コマンド計画ファイル仕様書 (*):
gstos_cmdi-Specification-C-20171027.pdf (patch applied)
アラートメッセージ定義ファイル仕様書 (*):
gstos_alert-Specification-1.0-20140331.pdf (patch applied)
コマンド発行・状態監視 ソフトウェア ユーザーズマニュアル:
gstos_cmdsw-UsersManual-E-20160331.pdf (patch applied)
コマンド発行ソフトウェア 取扱説明書:
gstos_cmdsw-ReferenceManual-F-20160331.pdf (patch applied)
テレメトリ処理評価ツール 取扱説明書:
gstos_nectools-Specification-1.0-20110325.pdf
コマンド発行・状態監視 ソフトウェア 配布パッケージ (Cent OS 5.5):
gstos_cmdsw-3.03-6.i386.rpm (patch applied)
コマンド発行・状態監視 ソフトウェア 更新履歴:
gstos_cmdsw-3.03-6-History.txt (patch applied)

Record of Releases

Release 20120330
Release 20120928p
Release 20121228p
Release 20130226p
Release 20130329p
Release 20130930p
Release 20140228p
Release 20140331p
Release 20140425p
Release 20140703p
Release 20141225p
Release 20150204p
Release 20150331p
Release 20151031p
Release 20160104p
Release 20160130p
Release 20160331p
Release 20170629p
Release 20171103p

3.4. 通信プロトコル処理ソフトウェア

通信プロトコル処理ソフトウェアは、テレメトリ受信の通信プロトコルを処理するソフトウェアです。
動作環境 - Linux 上のプログラムです。通信プロトコル処理ソフトウェアの動作には、パケットの時刻付を行うパケット時刻付け関数ライブラリ、テレメトリ監視用ソフトウェア群 ベースが必要です。

Latest Combination

Binary (Cent OS 5.5):
パケット時刻付け関数ライブラリ:
libtimset-1.1.0-0.i386.rpm
通信プロトコル処理ソフトウェア:
cprlib-2.0.4-0.i386.rpm (patch applied)
テレメトリ監視用ソフトウェア群 ベース:
gstos_base-1.2.0-0.noarch.rpm
Source (Cent OS 5.5):
パケット時刻付け関数ライブラリ:
libtimset-1.1.0-0.src.rpm
通信プロトコル処理ソフトウェア:
cprlib-2.0.4-0.src.rpm (patch applied)
テレメトリ監視用ソフトウェア群 ベース:
gstos_base-1.2.0-0.src.rpm
Document:
通信プロトコル処理ソフトウェア ユーザーズマニュアル:
cprlib-UsersManual-2.1-20120203.pdf
通信プロトコル処理ソフトウェア 仕様書:
cprlib-Specification-3.0-20170329.pdf (patch applied)
テレメトリ監視用ソフトウェア群 ファーストステップガイド:
tlmsys-InstallManual-3.0-20160727.pdf
History:
通信プロトコル処理ソフトウェア:
cprlib-2.0.4-History.txt (patch applied)
テレメトリ監視用ソフトウェア群 ベース:
gstos_base-1.2.0-History.txt

Record of Releases

Release 20120330
Release 20141114p
Release 20141114p
Release 20141114p
Release 20151028p
Release 20170329p

3.5. データ変換ソフトウェア

データ変換ソフトウェアは、テレメトリのデータを変換するソフトウェアです。
動作環境 - Linux 上のプログラムです。データ変換ソフトウェアの動作には、通信プロトコルを処理する通信プロトコル処理ソフトウェア、パケットの時刻付を行うパケット時刻付け関数ライブラリ、テレメトリ監視用ソフトウェア群 ベースが必要です。

Latest Combination

Binary (Cent OS 5.5):
パケット時刻付け関数ライブラリ:
libtimset-1.1.0-0.i386.rpm
通信プロトコル処理ソフトウェア:
cprlib-2.0.4-0.i386.rpm
データ変換ソフトウェア:
dctlib-2.5.0-0.i386.rpm (patch applied)
テレメトリ監視用ソフトウェア群 ベース:
gstos_base-1.2.0-0.noarch.rpm
Source (Cent OS 5.5):
パケット時刻付け関数ライブラリ:
libtimset-1.1.0-0.src.rpm
通信プロトコル処理ソフトウェア:
cprlib-2.0.4-0.src.rpm
データ変換ソフトウェア:
dctlib-2.5.0-0.src.rpm (patch applied)
テレメトリ監視用ソフトウェア群 ベース:
gstos_base-1.2.0-0.src.rpm
History:
通信プロトコル処理ソフトウェア:
cprlib-2.0.4-History.txt
データ変換ソフトウェア:
dctlib-2.5.0-History.txt (patch applied)
テレメトリ監視用ソフトウェア群 ベース:
gstos_base-1.2.0-History.txt
Document:
データ変換ソフトウェア ユーザーズマニュアル:
dctlib-UsersManual-2.1-20120203.pdf
データ変換ソフトウェア 仕様書:
dctlib-Specification-3.0-20170323.pdf (patch applied)
テレメトリ監視用ソフトウェア群 ファーストステップガイド:
tlmsys-InstallManual-3.0-20160727.pdf

Record of Releases

Release 20120330
Release 20120423p
Release 20140730p
Release 20141114p
Release 20150224p
Release 20150710p
Release 20150814p
Release 20160129p
Release 20160729p
Release 20170323p

3.6. テレメトリ監視ソフトウェア

テレメトリ監視ソフトウェアは、テレメトリを監視するためのソフトウェアです(キャラクタ表示として fprint,fline,vprint,fbox に対応しています)。
動作環境 - Linux 上のプログラムです。テレメトリ監視ソフトウェアの動作には、ソフトウェアを管理するシステム管理ソフトウェア、SIB2の読み込みに使用する SIB2 バイナリ作成ツール、データ変換をするデータ変換ソフトウェア、通信プロトコルを処理する通信プロトコル処理ソフトウェア、パケットの時刻付を行うパケット時刻付け関数ライブラリ、テレメトリ監視用ソフトウェア群 ベースが必要です。

Latest Combination

Binary (Cent OS 5.5):
パケット時刻付け関数ライブラリ:
libtimset-1.1.0-0.i386.rpm
通信プロトコル処理ソフトウェア:
cprlib-2.0.4-0.i386.rpm
データ変換ソフトウェア:
dctlib-2.5.0-0.i386.rpm
SIB2バイナリ作成ツール:
sib2bin-1.4.0-0.i386.rpm (patch applied)
システム管理ソフトウェア:
smsbin-1.0.3-0.i386.rpm (patch applied)
テレメ監視ソフトウェア:
tosbin-2.8.0-0.i386.rpm (patch applied)
テレメトリ監視用ソフトウェア群 ベース:
gstos_base-1.2.0-0.noarch.rpm (patch applied)
Source (Cent OS 5.5):
パケット時刻付け関数ライブラリ:
libtimset-1.1.0-0.src.rpm
通信プロトコル処理ソフトウェア:
cprlib-2.0.4-0.src.rpm
データ変換ソフトウェア:
dctlib-2.5.0-0.src.rpm
SIB2バイナリ作成ツール:
sib2bin-1.4.0-0.src.rpm (patch applied)
システム管理ソフトウェア:
smsbin-1.0.2-0.src.rpm
テレメ監視ソフトウェア:
tosbin-2.8.0-0.src.rpm (patch applied)
テレメトリ監視用ソフトウェア群 ベース:
gstos_base-1.2.0-0.src.rpm (patch applied)
History:
通信プロトコル処理ソフトウェア:
cprlib-2.0.4-History.txt
データ変換ソフトウェア:
dctlib-2.5.0-History.txt
SIB2バイナリ作成ツール:
sib2bin-1.4.0-History.txt (patch applied)
システム管理ソフトウェア:
smsbin-1.0.3-History.txt (patch applied)
テレメ監視ソフトウェア:
tosbin-2.8.0-History.txt (patch applied)
テレメトリ監視用ソフトウェア群 ベース:
gstos_base-1.2.0-History.txt (patch applied)
Document:
システム管理ソフトウェア ユーザーズマニュアル:
smsbin-UsersManual-1.0-20110331.pdf
システム管理ソフトウェア 仕様書:
smsbin-Specification-1.1-20110701.pdf
テレメ監視ソフトウェア ユーザーズマニュアル:
tosbin-UsersManual-4.0-20170323.pdf (patch applied)
テレメ監視ソフトウェア 仕様書:
tosbin-Specification-2.1-20120203.pdf
テレメ監視ソフトウェア マンマシンインタフェース仕様書:
tosbin-MMISpecification-4.0-20170320.pdf (patch applied)
テレメトリ監視用ソフトウェア群 ファーストステップガイド:
tlmsys-InstallManual-3.0-20160727.pdf (patch applied)

Record of Releases

Release 20120330
Release 20120423p
Release 20130604p
Release 20140730p
Release 20141114p
Release 20150224p
Release 20150303p
Release 20150710p
Release 20150814p
Release 20150817p
Release 20160115p
Release 20160129p
Release 20160329p
Release 20160726p
Release 20160727p
Release 20160909p
Release 20170320p
Release 20170323p

3.7. テレメトリ工学値変換 API (GTAPI)

テレメトリ工学値変換 API (GTAPI) は、工学値変換エンジンをエンドユーザがアプリケーションに組み込むための C 言語のAPI です。 テレメトリ項目の時系列を順に取得することに的を絞り、簡便なインタフェースを実現しています。
動作環境 - Linux 上で使うためのライブラリです。ユーザプログラムに組み込んで使用します。

Latest Combination

設計仕様書:
gtapi-DesignSpecification-E-20160331.pdf (patch applied)
取扱説明書:
gtapi-UsersManual-E-20160331.pdf (patch applied)
配布パッケージ (バイナリ):
gtapi-2.04-20160331.tar.gz (patch applied)
更新履歴:
gtapi-2.04-20160331-History.txt (patch applied)
リリースノート:
gtapi-2.03-20150331-ReleaseNote.pdf
SIB2テレコマビューファイルからSIBオブジェクトファイルを生成するツール (バイナリ):
satname.tar.gz

Record of Releases

Release 20120330
Release 20140228
Release 20140611
Release 20140916
Release 20150331
Release 20160331p

3.8. テレメトリ診断ソフトウェア

テレメトリ診断ソフトウェアは、衛星からのテレメトリを診断するソフトウェアです。
動作環境 - Linux 上のプログラムです。

Latest Combination

取扱説明書:
gstos_doc-Specification-B-20160331.pdf
配布パッケージ (バイナリ):
gstos_doc-1.06-20170509.tar.gz (patch applied)
更新履歴:
gstos_doc-1.06-History.txt (patch applied)

Record of Releases

Release 20120330
Release 20140331p
Release 20140922
Release 20150331p
Release 20160331
Release 20170509p

4. GSTOS コマンド計画検証ソフトウェア

4.1. コマンド計画作成部

コマンド計画検証ソフトウェア・コマンド計画作成部は、ORLG (Operation Request Language for GSTOS) にて記述された複数の観測要求をマージし、コマンド計画ファイルに取りまとめます。
動作環境 - Linux 上のプログラムです。

Latest Combination

ORLG言語仕様書 (*):
gstos_ORLG-Specification-D-20160331.pdf
ユーザマニュアル:
gstos_orlgtocmdi-UsersManual-D-20160331.pdf
設計仕様書:
gstos_orlgtocmdi-DesignSpecification-C-20160331.pdf
配布パッケージ (Linux):
gstos_orlgtocmdi-2.03.tar.gz (patch applied)
更新履歴:
gstos_orlgtocmdi-2.03-History.txt (patch applied)

Record of Releases

Release 20120330
Release 20121214
Release 20130430p
Release 20130625p
Release 20130726p
Release 20130903p
Release 20131129p
Release 20140331
Release 20140916
Release 20160331
Release 20170912p

4.2. コマンド計画検証部

コマンド計画検証ソフトウェア・コマンド計画検証部は、コマンドの計画を検証すると共に、ORLG の形式で出力するソフトウェアです。
動作環境 - Linux 上のプログラムです。

Latest Combination

ユーザマニュアル:
planVerification-UsersManual-C-20170331.pdf
配布パッケージ (Linux):
planVerification-2.08.tar.gz (patch applied)
更新履歴:
planVerification-2.08-History.txt (patch applied)

Record of Releases

Release 20121031
Release 20140331
Release 20160331
Release 20160826p
Release 20160927p
Release 20170208p
Release 20170331
Release 20171114p

5. その他

5.1. 簡易テレメトリ伝送ツール (packetSDTP)

簡易テレメトリ伝送ツールは、テレメトリデータをソケットで受信し、SDTP プロトコルで配信するツールです。 搭載機器の単体試験などで、テレメトリ受信データを SDTP 配信するのに使用します。 任意の単体試験装置から、本ツールにデータを流すプログラムを作成するには、 配布形式に含まれている試験プログラムのうち server test program を参考にしてください。
動作環境 - Linux 上のプログラムです。

Latest Combination

概要:
packetSDTP-OverView-1.0-20091005.pdf
ユーザマニュアル:
packetSDTP-UsersManual-1.4-20100412.pdf
設計仕様書:
packetSDTP-DesignSpecification-1.4-20100412.pdf
ソースコード (Linux):
packetSDTP-1.0.2.tar.gz (patch applied)
障害管理票:
packetSDTP-1.0.2-History.pdf (patch applied)

Record of Releases

Release 20100412
Release 20111227p
Release 20130125p

5.2. CCSDS データチェックプログラム

CCSDS データチェックプログラムは、バイナリファイルに収納されたテレメトリフレーム、テレメトリパケットのフォーマットをチェックするプログラムです。
動作環境 - Linux で動作確認されています。

Latest Combination

使用手引:
CCSDS_DataCheck-UsersManual-1.4-20130204.pdf (patch applied)
フレームチェックプログラム ソースコード:
CCSDS_DataCheck_Frame-1.5-20121210.tar.gz
パケットチェックプログラム ソースコード:
CCSDS_DataCheck_Packet-2.4-20140220.tar.gz

Record of Releases

Release 20121220
Release 20130204p
Release 20140220

5.3. レベル 1 時系列データフォーマット変換ツール

レベル 1 時系列データフォーマット変換ツールは、宇宙科学衛星のテレメトリのうち時系列データを、衛星設計ベース (SIB) に従い処理し、各種の形式に変換するツールです。任意のテレメトリをバイナリテーブル形式のFITS ファイルに変換する FITS 版、姿勢のテレメトリと時刻のデータをSPICE の SCLK, CK の形式に変換する SPICE 版、任意のテレメトリを CSV の形式に変換する CSV 版からなります。
動作環境 - Linux 上のプログラムです。

Latest Combination

設計仕様書:
l1tsd-DesignSpecification-D-20160331.pdf (patch applied)
L1TSD (FITS版) ユーザーズガイド:
l1tsd_tlm2fits-UsersGuide-I-20160331.pdf (patch applied)
L1TSD (FITS版) ソースコード (Linux):
l1tsd_tlm2fits-2.09-20160331.tar.gz (patch applied)
L1TSD (FITS版) バイナリ (Linux版 64bit):
l1tsd_tlm2fits-2.09-20160331-x86_64.tar.gz (patch applied)
L1TSD (FITS版) 更新履歴:
l1tsd_tlm2fits-2.09-20160331-History.txt (patch applied)
L1TSD (FITS版) リリースノート:
l1tsd_tlm2fits-2.09-20160331-ReleaseNote.pdf (patch applied)
L1TSD (Spice版) ユーザーズガイド:
l1tsd_spice-UsersGuide-C-20150227.pdf
L1TSD (Spice版) ソースコード (Linux):
l1tsd_spice-2.01-20150331.tar.gz
L1TSD (Spice版) 更新履歴:
l1tsd_spice-2.01-20150331-History.txt
L1TSD (Spice版) リリースノート:
l1tsd_spice-2.01-20150331-ReleaseNote.pdf
L1TSD (CSV版) ユーザーズガイド:
l1tsd_tlm2csv-UsersGuide-E-20160331.pdf (patch applied)
L1TSD (CSV版) ソースコード (Linux):
l1tsd_tlm2csv-2.06-20160331.tar.gz (patch applied)
L1TSD (CSV版) バイナリ (Linux版 64bit):
l1tsd_tlm2csv-2.06-20160331-x86_64.tar.gz (patch applied)
L1TSD (CSV版) 更新履歴:
l1tsd_tlm2csv-2.06-20160331-History.txt (patch applied)
L1TSD (CSV版) リリースノート:
l1tsd_tlm2csv-2.06-20160331-ReleaseNote.pdf (patch applied)

Record of Releases

Release 20120316
Release 20121206
Release 20130731
Release 20140228
Release 20140331
Release 20140609
Release 20140916
Release 20150331
Release 20150701
Release 20160131p
Release 20160331p

5.4. xmlExcelHyper

xmlExcelHyper は、Excel 上で複雑な構造の XML を編集するための UI を構築するためのライブラリです。
動作環境 - Excel 用のライブラリであり、JRE を必要とします。

Latest Combination

チュートリアル兼リファレンスマニュアル:
xmlExcelHyper-Tutorial-1.3-20120411.pdf
設計仕様書:
xmlExcelHyper-DesignSpecification-1.3-20120411.pdf
配布パッケージ (excel 形式):
xmlExcelHyper-excel-V11L01-20120327.zip
配布パッケージ (module 形式):
xmlExcelHyper-module-V11L01-20120327.zip

Record of Releases

Release 20120411 (2012/7/5 掲載)