TOPページへ
JAPANESE・ ENGLISH

ISAS Analysis Servers: ISAS 解析サーバ サービス

お知らせ

  • C-SODA解析サーバサービスは2013年8月末をもってサービスを終了しました。長い間のご利用を有難うございました。
  • (2012/08/24) サービスを再開しました。
  • (2013/01/18) HEAsoft 6.13をインストールしました。

サービスの目的

本システム・サービスの目的は、宇宙科学研究所の科学衛星が取得したデータの利用を促進することです。 衛星データ解析環境(アーカイブデータ・ソフトウエア)を整備することによって、全国の関連分野の研究者の研究活動を支援します。 JAXA/ISAS/科学衛星運用・データ利用センター(C-SODA)が運用しています。

サービスに関する問い合わせは、ISAS/C-SODA科学データ利用促進グループまでお願いします (ana-admin 'AT' ML.isas.jaxa.jp)。

利用方法 その他

以下の利用申請書に必要事項を記入し、ana-admin 'AT' ML.isas.jaxa.jpにお送りください 宇宙研教職員以外の方の利用申請に際しては、関連するプロジェクトと責任者となる宇宙研教職員を明記してください。 利用申請書

パスワードの変更方法

JAXAのポリシーで、パスワードは長くても180日毎に変更することが推奨されています。 180日が経過するとパスワード変更要請をメールで通知しますので、すみやかに変更してください。

ディレクトリ構成

解析サーバのディレクトリ構成と使用可能なディスク容量はデフォルトでは以下のようになっています。もし、ディスク容量の増加または有効期限の延長が必要な場合は、 理由を添えて、ana-admin 'AT' ML.isas.jaxa.jpに申請してください。

領域 ディレクトリ名 バックアップ quota制限 期限
home /home/${user_name} あり 10Gbytes なし
work /work/${user_name} なし 100Gbytes なし
scratch /scratch/${user_name} なし - 90日

scratch領域は自由に使えますが、/scratch/${user_name} のようにユーザー名を付けたディレクトリを作り、その中にデータを置くようお願いします。ファイルを作成してから90日が経過すると、ファイルの削除依頼メールが届きます。ファイルを削除するか、継続して必要な場合は管理者までお知らせください。
また、/dartsの下に、DARTSの各種アーカイブデータを直接マウントしています。
/darts/suzaku     すざく
/darts/asca         あすか
/darts/ginga        ぎんが
/darts/legacy.gsfc.nasa.gov, caldb, heasoftなど

システム構成

host名(*.cc.isas.jaxa.jp) 機種 CPU メモリ OS
mgl
klm
PowerEdge 2950 III Xeon E5430 2.66GHz (cache 2x6MB x 2) 8G RedHat ES4 (2.6.9-55)

ログインして12時間以上入力がない状態が続くと、自動的に切断されます。

データ解析環境

解析サーバー上では、IDL、Mathematicaが利用可能です。

高エネルギー天文学データ解析の情報

最終更新日: 2013å¹´09月12æ—¥

Q1.解析サーバからローカルプリンターに印刷する方法
Q2.Mathematica を使おうとすると文字化けする
Q3.解析サーバのアカウントは覚えにくい
Q4.パスワードのいらないssh認証の設定